後藤耕太建築工房のブログ

後藤耕太の日々

2015年02月の記事

手嶋保 講演会

午前中は昨日の続きの造園ワークショップに参加し、午後から手嶋保氏の講演会へ行ってきました。
手嶋氏は光を大切にしているという印象の建築家。特にトップライトからの光をうまく使っています。
一つ一つ丁寧に作っていく姿に刺激を受けました。
1420424954[1]
講演会のチラシ
スポンサーサイト

造園ワークショップ

設計事務所で知らない人がいないと言われている、造園家の荻野さんが岐阜まできて、造園のノウハウを教えていただけるというので、野村建設主催の造園ワークショップに参加してきました。
建築と造園は直接は関係ないのですが、緑が建築の廻りに入ると途端に建築が生き生きしてきます。
自然にあるような風景を造る事をいろいろ教えて頂き勉強になりました。


ワークショップの参加者に教える荻野さん。

プラン

プランを練る。
机に座って手を動かす。
あーでもないこーでもない。
行き詰る。
すこし休憩。(他ごとをする)。
再び机に座る。
手を動かす。
建築設計において一番大切で、一番面白く、一番大変な第一案。

パソコンの前でスケッチ。

空手

いつもは練習生なんですが、今日は少し空手の先生ということで、岐阜県内の小中学生を教えました。
今まで自分が習ってきた技を、今度は若い世代に教えます。
うまく伝わったかな。

ヒマラヤアリーナにて岐阜県技術講習会。

確定申告

確定申告の提出をしてきました。
設計事務所は仕入れ等がないため、それほど大変でもないのですが、それでも一苦労です。
しっかり申告して、税金を納めます。

各務原産業文化センター
確定申告提出場所の各務原産業文化センター

スキー

ひるがの高原スキー場へ行ってきました。
子供達にとって初めてのスキー場デビュー。
ただスキーでもなく、スノーボードでもなく、一日中そりで遊びました。

お揃いのスキーウエアで。

つらら

寒い朝ですね。
鵜沼の家では朝起きると軒先につららができていました。
鵜沼の家には樋を付けていないので、雨の形がそのままつららとなって現れました。


15センチくらい伸びたつらら。

鵜沼の家で考えたこと 17 着工

着工

契約が済むと地鎮祭を経て着工となります。
これからは現場監理です。
図面通りに工事が行われているか、確認します。

地鎮祭

現場監理

現場監理。
終盤に近づいてくると、現場打ち合わせが多くなってきます。
現場監督、大工さん、建具屋さん、電気屋さん、板金屋さんと打ち合わせしました。
職人さんの意見も聞きながら、図面では決めきれなかった事などを決定していきます。


節分

節分です。
家では恵方巻を作り頂きました。
大阪での学生時代、家庭訪問先から太巻きを2本もらい、「なんだこれ」と思ったのが恵方巻との出会い。
ここ中部地方でもだいぶ一般的になってきましたね。

その後娘たちとベランダに出て「鬼は外、福は内」と豆まきもしました。


長女が自分で好きな具を選び、恵方巻作りに挑戦。