後藤耕太建築工房のブログ

後藤耕太の日々

2015年03月の記事

暖かいですね。
境川の桜をふらっと見てきました。


JRと桜

DSC_1446.jpg
名鉄と桜

DSC_1452.jpg
屋台と桜
春ですね。
スポンサーサイト

応急危険度判定士

応急危険度判定士の登録証が更新されました。
これは、地震により被災した建築物についてその後の余震等で倒れる危険性があるかを速やかに判定し、二次災害を防止するためのものです。
建築士会や市町村等から依頼を受けボランティアで参加します。

使われない事を望みますが、依頼された場合はしっかり働きたいと思います。


手帳と、登録証と、ヘルメットに張るシール。

下呂温泉

下呂温泉へ家族旅行へ行ってきました。
家族旅行らしい旅行は初めてで、のんびりしてきました。


下呂の街並み。

DSC_1405.jpg
噴泉池は水着着用になっていました。20年前は裸で入った思い出。

DSC_1410.jpg
露天風呂もたっぷり味わい。

DSC_1406.jpg
ホテルへ。水明館。でもここでは泊まらず。

DSC_1421.jpg
なぜかカエルを祭る下呂温泉。

DSC_1438.jpg
近くの合掌村も見学。

いい思い出になりました。

梅林公園

法務局に用事があったので、ちょっと寄り道して梅林公園に行ってきました。


DSC_1398.jpg
DSC_1394.jpg
DSC_1400.jpg
春ですね。

うどん

建築家たるもの料理ができなければ、キッチンの設計はできないと言われています。
だからというわけでもないのですが、お昼ごはんは自分で作ります。
冬によく作るのはうどん。
出汁に醤油で味を作り、生姜、ネギをたっぷり刻み、うどんをゆでて、生卵、カツオぶし、一味唐辛子で仕上げます。
専門ではないので異論は認めます。


生姜で暖まります。

その後の薪ストーブ

暖かくなってきて薪ストーブもそろそろ終わりの季節になってきました。
いっぱいあった薪もほぼなくなりかけ、一年間よく焚きました。


少なくなった薪

一年間使ってみて薪ストーブについていろいろ分かる事がありました。
①床がけっこう汚れる。
薪を運ぶ時、くべるとき、灰を捨てる時など木くずや灰などが、床に落ちます。幸い鵜沼の家は土間にあるのであまり気になりませんが、きれいなリビングにある場合は配慮が必要そうです。
②ガラスが汚れる。
夜燃やして、朝みると必ず曇っています。きれいな炎を見たいので、毎回ウエットティッシュで掃除します。
上手に燃やせなかった場合は、びっしり煤やタールが付きますので、必死で磨きます。
③それほど暖かくならない。
これは鵜沼の家の壁がコンクリートだからかもしれませんが、だいたい夕方5時くらいに焚き始めて2階の部屋がしっかり暖まるのは8時くらいです。
④乾燥する。
薪ストーブの上に薬缶は必須です。
⑤着火に時間がかかる。
ガラス掃除して薪をくべ、着火するまで15分。その後火が安定するまで15分。計30分は面倒をみてあげないといけません。

DSC_1379.jpg
それでもこの薪ストーブは楽しいです。
さて来年の薪を考えないと。

アメリカン・スナイパー

久しぶりに映画を見てきました。
「アメリカン・スナイパー」 イラク戦争に参戦した実在の狙撃手の人生を映画化したもの。
戦争映画は緊張と緩和があって純粋に楽しめます。
エンドロールで主人公のクリス・カイルの生まれた年が出るのですが、同級生でした。
生れた場所や環境によって私とこんなに違う人生なのかと感慨深い物がありました。


久しぶりにレイトショーへ行ったら1300円に値上がりしてました。



★★★★☆

草野球

ずいぶん暖かくなりましたね。
プロ野球も大リーグ帰りの選手で盛り上がっていますが、私たちの草野球も今シーズンの開幕です。
昔の仲間たちとワイワイやりながら汗をかくのは楽しいですね。
私も久しぶりにいい当たりがでて、大満足。


自衛隊西の協定グランドにて。

鹿児島へ

敷地を見に鹿児島へ。
中部国際空港から、飛行機で向かいます。


離陸直後の知多半島。

DSC_1357.jpg
敷地調査をします。図面や写真だけでは感じられない、場所の特性を掴みます。錦江湾を望む絶好のロケーション。
敷地に立ってみないと分からない事もあり敷地調査の重要性を再認識。

二日目は生憎の雨でしたが、少し観光もします。
DSC_1359.jpg
鹿屋の航空自衛隊に付属する資料館で、特攻隊員の心に身を寄せます。
鹿児島は知覧が有名ですが、鹿屋から飛び立った特攻隊員のほうが多いそうです。

DSC_1361.jpg
雨でかすむ桜島。

DSC_1363.jpg
長渕剛の桜島オールナイトコンサートの記念碑により、

DSC_1364.jpg
桜島からフェリーで鹿児島市内へ向かいます。

DSC_1366.jpg
鹿児島で有名な黒豚を食べて。

DSC_1368.jpg
西郷隆盛像に挨拶。鹿児島の西郷さんは犬を連れていません。

DSC_1369.jpg
建物も少し見て。黎明館。設計者は谷口吉郎。豊田市美術館等を設計した谷口吉生氏の父。
大きさ過ぎる事と昔の設計なので感動する所はあまりなし。

その後霧島温泉で、温泉につかり、

DSC_1371.jpg
そして鹿児島空港を後にしました。

仕事で飛行機を使う事が夢でしたが、その機会を与えていただいたお施主さんに感謝し、よい建物を設計する事で恩返ししようと、心の引き締まるよい旅でした。ありがとうございました。

雛祭り

3月3日は雛祭り。
雛祭りって何をして祝ったら良いのでしょう。
我が家は子供達が帰ってきてから、一緒にあられを食べ、夜ご飯はちらし寿司でした。


笑顔の雛人形。