後藤耕太建築工房のブログ

後藤耕太の日々

2016年05月の記事

誕生日

次女7歳の誕生日。

DSC_0241.jpg
誕生日プレゼントの前で。
おもちゃを欲しがるのももう最後くらいになるのでしょうか。
生クリームの苦手な次女の誕生日ケーキはお母さんにチーズケーキを焼いてもらいました。

私も小学校一年生の誕生日に戦車のラジコンを両親に買ってもらった事を思い出しました。

誕生日。おめでとう。
スポンサーサイト

鵜沼の家で考えた事 36 コンクリートの表情

鵜沼の家では実験的に3種類の型枠でコンクリートを打っています。
型枠の種類を変える事でコンクリートの表情が変わってきます。


ラワン合板型枠。鵜沼の家で最も多く使っている型枠です。ラワン合板の木目がうっすら見えます。目地の右側も同じラワン合板なのですがこちらはあまり木目が出ていません。木目が出るか出ないかは、型枠を外してみないとわかりません。

DSC_0235.jpg
杉板型枠。事務所の前の塀の外側に使っています。型枠の内側に杉板を並べてコンクリートを打ちます。型枠を外すと杉板の表情が現われます。

DSC_0237.jpg
塗装型枠。事務所の前の塀の内側に使っています。一般的によく見るオレンジ色の型枠です。つるっとしてつやのある表情となります。

鵜沼の家で考えた事 35 北窓

暑くなりましたね。




鵜沼の家の洗面所の上に小さな窓があります。
南から入って来た風を北に流すための窓です。
建物の対角線に窓があるので、家中の空気が流れます。

またこの窓は軒のすぐ下にあり、夏の間は台風でもない限り、雨が入ってこないので締める事はありません。
また2階の高い位置にあるので泥棒も心配ありません。
これからの季節、小さな窓ですが心地よい暮らしに大きく役立ちます。

3121_201605152143570f8.jpg
風の流れ

敷地確認

新しい現場の敷地を確認してきました。
これから始まる住宅造りの中で一番大切で、一番わくわくする瞬間。

周りの環境をよく見て、これから基本設計に入ります。



ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークは妻の実家で過ごしました。
今年もお茶刈りを手伝ったり、遊びに行ったりゆっくりしました。

お茶の葉は機械で刈り取るのですが、自分のために少し手摘みをしました。
この後の自分でお茶を作る楽しみのためです。
あまり日光の当たってない部分を選び、玉露を目指します。


お茶畑

煙突掃除

ゴールデンウィーク真っ只中ですね。
今年もよく働いてくれた薪ストーブの掃除をしました。
ブラシを入れるとすすやらタールやらがごっそり取れます。


しっかり掃除して火事にならないように。