後藤耕太建築工房のブログ

後藤耕太の日々

2016年12月の記事

一年ありがとうございました

大晦日です。
長女と裏山を登ってきました。


愛宕山から名古屋方向を見る。

DSC_0061_20161231125830f2f.jpg
愛宕山山頂。

DSC_0079.jpg
愛宕山からおがせ池への山道。

今年もたくさんの出会いがあり充実した一年となりました。ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
それではみなさま良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

きっと、うまくいく

久しぶりに良い映画に出会ったので紹介。

『きっと、うまくいく』 インド映画。

行方不明の主人公を大学を卒業してから10年ぶりに探しながら、大学時代の出来事を思い出していくストーリー。
171分と長いですが、笑いあり、怒りあり、感動ありで、見終わった後にはとても心が暖まります。
日本語訳のきっとうまくいくは、映画中“Aal Izz Well”(アール・イーズ・ウェル)として何度も出てきますが、映画が終わった後きっと口ずさんでしまうでしょう。
見ていない人には本当にお勧めです。


建築的にも少し。舞台となるICE工科大学の建物がかっこいいです。特に建物の外部と内部をつなぐ廊下や、階段室など素朴でも芯のある空間になっています。

★★★★★

クリスマスプレゼント

今年も我が家にサンタがやってきました。


小学校1年生の下の娘は、ひみつのここたまの大きなおうち。誕生日にもらった2階の部分と組み合わせてさらに大きくなりました。

DSC_0069.jpg
4年生の長女はまんが日本の歴史。クリスマスプレゼントとしてはちょっと真面目過ぎないかと。

本当はマインクラフトといゲームが希望だったのですが、ゲーム機本体とソフトを買うと4万円ぐらいしてしまうので、どうしようと悩んでいたのですが、幸いパソコン版だと1000円でダウンロードできます。さすがにサンタにダウンロードしてもらうのは難しく、親からのクリスマスプレゼントとしてダウンロードのプレゼント。
良かったね。

薪ストーブ

今年も薪ストーブの季節がやってきました。
家の中で炎を見ながらゆっくりと時間を過ごし暖まります。

薪ストーブに着火。

イルミネーション

もみじも葉を落としたのでイルミネーションを付けました。
寒い冬に少しでも心が暖まればと。
昨年よりもみじが大きくなったので、電球が少し足りない感じが。
来年はもっと増やすかな?


鵜沼の家のもみじに飾り付け。

薪ストーブ

薪ストーブを日々使っていると、ガラスの曇りが気になります。
薪とガラスの距離を離せば、多少曇らなくなるのではと思い、薪を止める金物を造りました。


鍛冶屋さんに厚みと寸法を伝え、製作してもらいます。

DSC_0060_2016121920370654b.jpg
そして薪ストーブに設置。見た目は合格。
後は、ガラスを曇らせない効果を発揮できるかが問題です。

東浦の家

東浦の家の工事が始まります。
穏やかな天気の中地鎮祭が行われました。
ほぼ平屋建ての木造住宅です。
竣工は6月の予定です。


神様にお供えする榊。くるくると270°まわしてお供えします。

もみじ

小椋造園植物の小椋さんと選びに行ったもみじが鵜沼の家に移植されました。
2階の窓から見てもう少し緑が近い方がよいと考え、少し背の高いもみじとしました。
まだ窓の高さまでは届かないので、成長を楽しみに待ちたいと思います。


移植されたもみじ。