後藤耕太建築工房のブログ

後藤耕太の日々

2017年01月の記事

タニタのカタログ

タニタハウジングウエアのガルバリウム雨といの総合カタログに鵜沼の家が掲載されています。


タニタのカタログ

DSC_0143.jpg
2ページ目にカッコよく載っています。
スポンサーサイト

セパ穴

コンクリート打ち放し時の型枠のふくらみを防止するためにセパレーターを使います。
白い部分が後から取れますので、この白い部分の跡がセパ穴としてコンクリート打ち放しのパターンをつくっていきます。
今回は普段つかう物よりも少し小さいセパレーターを使ってみます。
どんな仕上がりになるでしょうか。


セパレーター。

ホールダウン金物

長い金物はホールダウン。短い金物はアンカーボルト。
ホールダウンは柱と基礎を結び、アンカーボルトは土台と基礎を結びます。

上棟を待つ基礎。

基礎

鉄筋コンクリート造の基礎。
土の中に隠れてしまいますが、厚みは45cmあります。
鉄筋も木造に比べて密です。

配筋検査。

柱状改良

柱状改良工事に立ち会ってきました。
地盤が弱い場合、基礎の下にコンクリートと土を混ぜて柱状の杭を造ります。
事前の地盤調査のデータどおり、GL-4.6mで支持地盤に届きました。
これをしっかり確認して監理すると、マンションは傾きません。

ドリル。この先端が地中へ4.6m潜ります。

配筋検査

配筋検査をしてきました。
鉄筋の種類・径・ピッチ・かぶり厚さ・継手長さ等検査する箇所は様々。
一部手直しをしてOKとなりました。

綺麗に並んだ鉄筋。

みのかも金蝶堂

工務店さんに教えていただいて建物探訪。

みのかも金蝶堂

建築家 上野英二氏 オークビレッジ木造建築研究所

ぐっと出た軒と木組みの構成が美しい。
排煙窓の隠し方は秀逸。


外観。

DSC_0122_20170107122803bc4.jpg
内部。喫茶もあります。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

初詣は伊勢神宮へ

俗界と聖界の境にある宇治橋の前で。

DSC_0096.jpg
五十鈴川で手を清めます。

DSC_0103.jpg
そして本殿へ。階段の下にはたくさんの人が参拝の順番待ち。

昨年の御礼をしてきました。
今年も安寧な年をすごせると良いです。